ヘッドスパ専門店アモリール

NEWS キャンペーン フェイシャル ヘッドスパ 

12月クーポンのご案内

クーポン利用期間:12/1(金)~12/30(土)迄、新規様、顧客様、どなたでもご利用可 ①頭も顔も☆リフトup!1年のお疲れをリフレッシュ!ヘッドスパもフェイシャルも両方されたい方におススメ! アンダー1万円以内で

NEWS キャンペーン ヘッドスパ 

ヘッドスパはこんな方にオススメ!

ヘッドスパはこんな効果がご期待できます ・薄毛や抜け毛をどうにかしたい ・髪痩せ、パサパサの髪になってきた ・頭皮のニオイ、フケ、カユミが気になってきた ・肩や首がガチガチ ・目の奥がショボショボする

NEWS ヘッドスパ メニューについて 

秋の頭皮・髪のお手入れ

秋の頭皮・髪のトラブル  10月も後半になり、気温もおだやかで過ごしやすくなりました。 この季節は朝、晩は肌寒く、昼は温かい日も多いかと思います。 この寒暖の差で体調を崩す方もいらっしゃるのではないでし

NEWS サービス案内 

アモリールのLINE@を開設しました!

  この度、アモリールではお客様の利便性を高められるようLINE@を開始致します。 まずは友だち登録をお願いします。       LINE@とは? 個人のLINEとは違いお店の公式LINEアカウ

NEWS サービス案内 フェイシャル ヘッドスパ 

クリスマスプレゼントにヘッドスパのご優待券はいかがでしょうか?

クリスマスプレゼントにヘッドスパはいかがでしょうか? 今年のクリスマスプレゼントは何を贈るかお決まりでしょうか? 毎年ヘッドスパご優待券をクリスマスプレゼントに選ばれる方がいらっしゃいます。 ご優待

お家でのスキンケア~メイク落としと洗顔~

NEWS

皆様はお家でのクレンジング、洗顔はどのようにされていますか?

ここでは正しいクレンジング、洗顔法についてご紹介します。

 

~クレンジング編~

クレンジングの種類

・シートタイプ

さっと拭き取れて手軽ではありますが、界面活性剤を多く含むものも多く、肌に刺激を与えやすいです。

 

・オイルタイプ

安価なものは石油系の界面活性剤を使われていることが多く、肌に刺激を与えやすいです。

 

・ジェルタイプ

透明なものには界面活性剤を使用していることがありますが、乳白色タイプならよいです。

 

・ミルクタイプ

低刺激ですが、おしろいなどの軽いお化粧を落とすのに向いています。

 

・クリームタイプ

肌にやさしいので、肌への摩擦も軽減されます。

ファンデーションなどしっかりされている場合は、クリームタイプのほうがファンデーションとの馴染みが良いです。

 

クレンジングは水と脂をなじませるのに界面活性剤を含みますが、なるべく多く含んでいないタイプのものを選ばれることをオススメします。

また、ゴシゴシこするなどは肌に刺激を与え、肌を傷つけてシミなどの原因を作る場合があります。

 

クレンジングの時の注意点

1 量は肌を摩擦しないように、適量を使用します。

裏面に記載されているメーカーの適量を守って優しく落とします。

 

2 マッサージ、タオルでゴシゴシは厳禁です。

クレンジング時についでにマッサージを行う方はいらっしゃいますか?肌に汚れがついた状態でのマッサージはオススメできません。

クレンジング剤はメイク落としの役割なので肌に付けてファンデーションと馴染んだらすぐに洗い流します。

タオルでのふき取りの際も、水滴を抑えるように優しく拭きとるようにします。

 

3 アイメイクはしっかり落とします。

目元のアイシャドー、アイラインなどが残っているとシミやシワの原因を作ってしまいます。

目の周りの皮膚は薄いのでくれぐれも擦らないように落とします。

  

 

~洗顔編~

 

洗顔料の種類

・固形石鹸の商品

さっぱり洗い上がります。

 

・リキッドタイプ

肌にやさしいタイプなので洗浄力が弱めのものが多いです。

 

・クリームタイプ

肌にやさしいタイプなので洗浄力が弱めのものが多いです。

 

・フォームタイプ

一般的に洗浄力が弱めです。 

 

・粉末タイプ

洗浄力、肌への刺激の強さは製品によってばらつきがあります。

 

unnamed

 

洗顔時の注意点

1 しっかり泡立ててから洗顔します。

泡立てが不十分だと、肌を摩擦して刺激になります。泡立てネットなどを活用してきめ細やかな泡で洗いましよう。

 

2 泡を指の腹で転がすように優しく洗います。

泡のクッションを利用して指の腹でくるくると力を加えずに優しく洗います。

 

3. 32度から35度くらいのぬるま湯で洗います。

熱めのお湯は肌に刺激を与え、赤みの原因になります。

また、入浴時にシャワーを直接顔にかけて洗うのは、シャワーの水圧が必要以上に角質を剥がし乾燥を招いてしまいます。

 

4 すすぎはしっかり行います。  

30回~40回しっかりすすぎを行うことをオススメします。

特に生え際、あごなどのフェイスラインのすすぎは十分行ってください。洗い残しがあるとニキビなどの原因になります。

 

すすぎの回数が多くて面倒と思われる方も多いのではと思いますが、正しく洗顔を行うことで毛穴のざらつきや、ニキビ予防につながります。

洗顔後は肌が乾燥する前にできるだけ早く化粧水、美容液、クリームなどでのスキンケアを行ってくださいね。

  

 

ご予約はこちら
倉敷店
岡山店
facebook